上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
【※アートや絵の制作は bottomcolor@gmail.com までお願いします。】
その他発信ツールはHPをご高覧下さい。


いわゆるポートフォリオとは芸術におければ作品集のことである。
クライアントなどに自己PRするための、いわば名刺とニュアンスはまま近い。

自分でも作品を通じて全うに世の中と向き合えるであろう作品。
それはとても美しいものだと思う。
そこを焦点にした、オフィシャルWEBポートフォリオである。
どうぞよろしく。
P1000064[1]
junjun


今後の予定
last update 2011/7/11
---------------------
【 個展 】
小河原淳 『太陽/1億への準備飛行展』
※幸いな事に展示期間が延長しました。~7月31日まで。展示している場所は大変人気なお店で、平日でも貸切り状態なことがよくあります。個人的に観に行かれる方は、行く前日等に一度お店にお電話して、入店可能かどうかお確かめ下さい。どうぞよろしくお願い致します!小河原淳
小河原淳
fhoto by どっちん/堂垣内秀昭

小河原淳 『太陽/1億への準備飛行展』

■日時:5月1(日)4日(水)~5月31(火)
    好評により
    6月29日(水)まで延長!
    7月31日(日)まで延長!
    皆様、本当にありがとうございます!

■時間:19時~翌5時
■場所:444quad
(大宮駅東口より徒歩5分ほど)
〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町4-4
5階 Lounge Bar RUFUS(ルフス)にて展示
048-646-2444
http://www.444quad.com/

444map.jpg


■バースデーパーティ(展示作家は16日が誕生日です。
30日はガッチョ店長の誕生日です!)
5月21日(土)
時間:19時30分~21時30分
 ※飲み放題とビッフェメニューが付きます
料金:15名まで2500円(16名以降3500円)

BIRTHDAY PIRTY 追加情報です!!!!!!!!!!!!
DJも参加してくれることになりました!!!!!!
ばりばり盛り上がりましょう!!!!!!!!

(来てくれた皆様ありがとうございました!)

DJ:パッツン
   文化服装学院出身/旅人/ギャンブラー
   https://twitter.com/#!/charm14komi
  Yamato Takahata
   文化服装学院出身/ロンドン/パッツンの友達
   https://twitter.com/#!/YAMATOtakahata
タイムテーブル予定19:30~パッツン
         20:30~Yamato Takahata


さらに追加情報です!!
現在開催しております個展で、2度目の貸切PARTYを行う運びとなりました!
今回は公開制作を行います!

■パフォーマンスパーティ!
日時:6月25日(土)
時間:19時~21時まで
料金:¥2500(ソフトドリンク/アルコール飲み放題)

■公開制作
ドローイング「Number's」
数字に関連したドローイングを30分ほど行います
19時半~20時を予定


以上です。
是非、皆様のご来場お待ちしております!
宜しくお願い致します!!!


■お問い合わせ
bottomcolor@gmail.com
090-7233-9696(オガワラ)
までお願い致します。







小河原淳
活動遍歴/バイオグラフィー
1989年
 埼玉県生まれ
2004年
 8月13日に行われたアテネオリンピックの開会式でbjorkの歌『oceania』に衝撃を受ける。
2005年
   夏 愛知万博と金沢21世紀美術館に旅行する。
     bjorkのパートナー、Matthew Barneyの展覧会『拘束のドローイング展』を観て再び衝撃を受ける。
  9月 IDEE元社長 黒崎輝男(現 流石創造集団株式会社社長)が世田谷ものづくり学校で主催するデザイン学校、"スクーリング・パッド"に感銘を受け、高校と併学する。
 12月 スクーリング・パッド デザインコミュニケーション学部卒業
2006
 4月 高等学校中退
 9月 講堂学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定) 取得
2007年
 2月 第60回 日本アンデパンダン展 (東京都美術館)(東京・上野)
2008年
 2月 第61回 日本アンデパンダン展 (国立新美術館)(東京・六本木)
2009年
 2月 第62回 日本アンデパンダン展 (国立新美術館)(東京・六本木)
 7月 第35回 青年美術展 (東京都美術館)(東京・上野)
 12月 スクーリング・パッド 映画学部 映画脚本家コース 卒業    
2010年
 1月 それ以染に企画 ライブハウスでのジャンクアート『REDEFINE』の展示(ライブハウスMARS)(新宿)
 2月 スクーリング・パッド デザインコミュニケーション学部 桜の園コース 卒業
 3月 第63回 日本アンデパンダン展 (国立新美術館)(東京・六本木)
    同展にて画家・増山麗奈に見出され、女形花魁芸を披露。
    ホイト芸・黒田オサム氏と画家・増山麗奈氏と共演を果たす。
    自身のパフォーマンス活動について考える発端となる。
 7月 画家・増山麗奈氏の不定期出勤アシスタントとなる。
10月 同年1月から梅田夏樹監督による自主制作映画「Welcome to our Wedding」の挿入曲製作に携わる。一部、出演も兼ねる。
11月 ART∞CONFUSE EXHIBITION(ヒルトピア アートスクエア/ヒルトン東京地下一階)(新宿)
2011年
 1月 第36回青年美術展 (みなとみらいギャラリーA・B) (横浜)
 2月 WE♥ ART♥ LOVE2011展 (ギャラリー「ネコノマ」) (新宿)
    このときに黒田オサム氏と再会をする。ギャラリー内にてホイト芸を見て、号泣。感化。
    パフォーマンスをしてみたいという強い衝動欲が沸く。構想を練る。
 3月 11日、東北地方太平洋沖地震発生。一命を取り留める。
    第64回 日本アンデパンダン展 (国立新美術館)(東京・六本木)
 5月~7月 小個展『太陽/1億への準備飛行展』(Lounge Bar RUFUS/444quad)(埼玉・大宮)
 7月~11月 新宿に住む
 8月 ART ∽ CONFUSE EXHIBITION Vol.2 (北とぴあ 地下一階展示ホール)(東京・王子)
12月~翌年2月 黒崎輝男が新しく企画したシェアオフィス「みどり荘」の設計にあたり、
         土台となる旧ビルの解体、施工作業に一部携わる。2月23日無事オープンする。
2012年
 1月 某新聞社にて年を明かす。
 1月~ 結婚した同僚へのギフト作品、CDジャケット、絵画の依頼等を同時進行にて製作中。



師事 黒崎輝男 鈴木太朗(メディアアーティスト) 増山麗奈


掲載
2005年 ビンタ本!(幻冬舎)
2009年 民青新聞(表紙・青年美術展についてのインタビュー)
2010年
 7月 美術運動にてレビュー「素直に感じた事を言葉にしよう『六本木クロッシング2010展:芸術は可能か?』を観て」(http://www.artmovement.jp/ギャラリー/7月/
2011年
 1月 しんぶん赤旗日曜版 第36回青年美術展作品「命の華」「武士道について」のインタヴュー 
赤旗


関連掲載
2006年 カメラマン田中由起子氏による"hallucinated." モデル
2010年 AERA 2010.4.19号 50項 桃色ゲリラの写真

film work
映像/青柳あしか(エヌフォースプロモーション)名義
2011年 ■「大鹿村騒動記」(阪本順治監督) エキストラ
        7月16日公開
      ■梅田夏樹監督ほかsnap shot film「突然ウソのように」不良役



JUN OGAWARA
birthplace saitama/May 16, 1989 birth./
I graduated from schooling-pad in December, 2005./
スポンサーサイト

04/18|未分類コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
ちゃお!
 ようやく見つけた。まったくやれやれだ。マイスペースで声を聴いて、ここにこれたのだけれど、ネット・サーフィンというより漂流しているようだったよ。ジュンジュン、ボトムカラーっていう名前に必死にしがみついて、運良く浜に流れ着いたみたいで、情報の洪水とは良くいったものだね。
 「レシートの腕」も見た。写真じゃやっぱり何かもの足りないね。にゅっと生えてくるところに迫るものあるのだろうな。
作品に込めたメッセージはともかくとして、発案は面白いと思っていて、言葉と表裏を合わせて見てみると、どこかしらに、君がいるのだろうな。
 明日は久しぶりの休日だから今晩は少し酔っていて、コメントも乱れていると思うけど、自分としては其れでいてよく探し当てられたものだと嬉しく思っているのだから世話ないな。また電話するよ。それとまた、何か書いてみるよ。
 
From: あきみつ * 2009/08/26 01:41 * URL * [Edit] *  top↑
ちゃおです。
いえいえ、見つけて頂き本当にありがとうございます!

そうですね、、
私から発する情報しかり自己顕示は、いかに人に利益・不利益を与えるのかと悩ましい所でございます。

レシートの作品は確かに実際に見て頂いた方が良いですね。レシート以外の作品もそうですが。。
誤訳して伝えてしまうのはとても悲しい所です。
パソコンは確かに便利なのですが、やはり最後は実際に観て頂くというのが最高です。
ここはそれらの入り口の為にあるポートフォリオ、、と言っても過言ではないですね。
それらがアートの興味の無い方に興味を持たれたら、このブログをやってきた意味を見出せるのではないかなと思います。

はい、ありがとうございます!よく、酔っ払って書けますね。脱字ありませんね!笑
また電話してください。また書いてください。
それでは!

From: jo * 2009/08/29 06:01 * URL * [Edit] *  top↑
CDありがとう&感想
別れた後、帰りの車中でさっそくもらったCD聴いたよ
確かに、、、それぞれの持ち場がもっとあるとパワーアップするかもね
チームワークは難しい

やっぱケータイの画像じゃ意味分かんないよね、いろいろズレたこと言ってたかも
でもしっかりした作品ばかりで正直意外でした
裸のスケッチ、少ない線でキマってるー、リアルのも観たいー

「junkかどうかは見下してるかどうかだ」は的を得てると思った
junkartはその関係の破壊か再定義かみたいな(言うほどシンプルには行かないけど)
そういう姿勢の一貫性は作品を観る方の原動力にもなってる、と思う
強い言葉が気になったのもそれが作品の重要な部分で、だから邪魔だったりもするよなっていうことかもしれない
でもなかなか言葉にならない感情とか意識を、でも言葉にしようとすることは言葉の最初の段階とか叫びだ
詩人が言葉を衝突させて、無意味の意味を確かめるような感じで
最後にお礼に絶対気に入るお勧めの一曲(知ってたらごめん)
The Stone Roses ”Begging You”





From: N * 2010/10/20 02:15 * URL * [Edit] *  top↑
ありがとうございます!
Nhoriさんですね!その節は、色々とありがとうございました!
CD…
是非ともみなさんの感想が聞きたいです(笑)2曲目はスタジオ録音っていうのも大きいかもしれないです。はい、チームワークは難しいです。。いやはや、次回はもっとマシなものをお届け致します!

>>やっぱケータイの画像じゃ意味分かんないよね、いろいろズレたこと言ってたかも<<
でも、色々と質問して頂けて本当に刺激になりました。人を納得させる説明が必要なので、どんな異論、反論にも適応できなくてはいけないので(笑)
ズレたことは全く言って無いですよ。

>>でもしっかりした作品ばかりで正直意外でした
裸のスケッチ、少ない線でキマってるー、リアルのも観たいー<<
やっぱり中退は適当なイメージが強いというか、、。(笑)そこがとても悔しかった訳です。全うな作品も作れないとただのへんちくりんですからね。でもあのとき結構、言葉のネジ外れてましたよね。気をつけます。再会するときはリアルのも持参します!

>>「junkかどうかは見下してるかどうかだ」は的を得てると思った<<
そうですね、定義を考えるとやはり常々思う事です。

>>junkartはその関係の破壊か再定義かみたいな(言うほどシンプルには行かないけど)
そういう姿勢の一貫性は作品を観る方の原動力にもなってる、と思う<<
そうですね、何がしかの力を起こしていれば作った人間として幸いです。

>>強い言葉が気になったのもそれが作品の重要な部分で、だから邪魔だったりもするよなっていうことかもしれない<<
まず物事を考えてる時に衝突や憤りがあります。それを作品にしたいと考えます。具現化するにあたり、理論が浮かびます。「どうしてそれを作った」と必ず聞かれますから。そうして作品を観た人に感動なりの価値を生んだ。そのプロセスも含めた、それが「アートする」ということです。確かにその言葉は邪魔な時もあります。そういうときは技術だけに固執すればいいかなと。また作る側がそういう風に陥る時もあります。

>>でもなかなか言葉にならない感情とか意識を、でも言葉にしようとすることは言葉の最初の段階とか叫びだ
詩人が言葉を衝突させて、無意味の意味を確かめるような感じで<<
WDIS(What Do I Say?)シリーズにも触れてますでしょうか。質問は受けてませんが、その通りだと思います。結構無意味な作品ではありますが、直感の本質はトレースできてるのでは無いでしょうか。

>>最後にお礼に絶対気に入るお勧めの一曲(知ってたらごめん)
The Stone Roses ”Begging You” <<
ありがとうございます!うーん、ローゼスさんたちは洋物DVDでちらほら聴いた事がありますが、開拓はしていませんでした。いい機会ですので、開拓しようと思います(笑)

ではでは、また作品が増えましたら、このブログをお知らせ致します!
From: jun * 2010/10/22 00:36 * URL * [Edit] *  top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2012/04/01 22:28 *  * [Edit] *  top↑
Re: お疲れ様でした
>サラ・ファネリさま
なんとコメントして頂きありがとうございます!m(__)m
そうですね、作家さんと話が出来る、、いわば直接対決。。本当にいい意味で楽しかったです。笑
ありがとうございます。
サラさんは以前拝見したことがありましたが、
再び拝見。。。ベクトルは違いますが、あの洗練さ/シンプルさ…参考になります。

そして、
コラージュ見ましたよ♪
カラフルで、原色系の色使いで、目をひきつけますね。。!
ポエムもメッセージ性あって、考えさせます!


はい、再びGEISAIでお会いしましょう!!(^_^)
小さい作品も沢山できるよう、精進します。
コメントありがとうございました!
jun
From: JUN * 2012/04/04 10:18 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

JUN

Author:JUN
-Self-introduction-
Japanese/
Male/
O type/
from saitama/
May 16, 1989 birth./
I graduated from schooling-pad

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
11891位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3591位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。